レンタカー当日予約なし

レンタカーの当日予約は可能

レンタカーの当日予約は可能

レンタカーは、やはり、利用したいと考える人が多い時期というものがあります。連休や、夏休みや冬休みにあたる時期などは、混んでいて、予約が取りづらいこともあります。

 

しかし、レンタカー会社には、独立格安系、メーカー系、ファイナンス会社系など、たくさんの種類があり、多くの店舗が営業しています。

 

一店舗だめでも、いくつかのお店にコンタクトすれば、どこかのお店で、当日でも、貸してくれることが多いです。

 

ネットで予約しようとして予約がいっぱいでも、あきらめずに、電話をしてみるとよいでしょう。お店の方が、なんとか工面してくださることも多いものです。

 

また、もともと希望していた車種ではない車種で、「実はもっとよい(用途に適合した)」車種がある場合もありますから、店員さんのいろんなアドバイスを聞いてみるとよいでしょう。

 

レンタカーは、大人数・大荷物で移動するための手段として借りる場合が多いと思いますが、たくさん積める車の中にも、SUVだけでなく、ワゴンタイプ、ミニバンタイプ、バン、果ては軽トラック・・・、いろんな種類がありますから、車種にこだわり過ぎず、店員さんと調整していけば、目的を果たすに十分な車種を、当日でもしっかりと予約できる確率が高まるでしょう。

 

また、レンタカー会社さんは、朝早くから営業されている会社さんが多いです。早いところでは、朝8時から営業されています。

 

当日の朝早くに電話することで、その日にあいている車を、いち早くおさえることができるでしょう。

レンタカーを借りるのは簡単です!

レンタカーを借りるのは大変そう!そう思う方も多いかもしれません。簡単です!

 

まずは、どのレンタカー会社で借りるのがよいのかを、調べることから始めなければなりませんが、「出発に最も便利な場所にあるお店」を探すのがよいでしょう。

 

そのレンタカー会社までは、何かしらの手段で、移動しなければなりません。その移動が、大変ではない場所で、探すのがよいでしょう。

 

そのうえで、希望の日時に、希望の車種の車を借りられるか?を確認することが肝要です。

 

お店のウェブサイトで空き状況を確認できることがほとんどですが、お店に電話してみてもよいでしょう。

 

お店に電話すれば、もしも希望する車種の車が予約されてしまっている場合でも、系列店から移動させるなど、なんらかの対応をとってくれることもあります。

 

空きが確認できれば、「お願いします」といって、予約完了です。あとは、お店にいって、簡単な手続きをするだけです。

 

身分証明書を出して、コピーを取ってもらい、その後、簡単な書類に記入するだけです。

 

ここで、万が一に備えた、保険の加入などの手続なども行われます。そんなに時間がかかる手続きではありません。

 

特別、変わった情報を記入しなければならない、ということも、ありません。慣れてしまえば、全部で10分ほどで完了し、鍵を受け取ることができます。

 

免許証を忘れずに持っていくことと、もしも遠方に出かける場合には、できれば、ETCカードも、忘れずに持参するようにしましょう(お持ちの方は)。

レンタカーを使ってみた<体験談>

レンタカーを実際に利用して、引っ越しを行いました。男性ひとりではありますが、それなりに家具や家電もあります。

 

しかも、長距離でした。引っ越しの業者さんにお願いすると、時期によりますが、10万円近い費用がかかってしまいます。

 

そこで、レンタカーです。大型のバンを借りて、往復の高速道路代・ガソリン代を含めても、引っ越し業者さんに払わなければならないお金の半分以下で、引っ越しを済ませることができます。

 

この、「バンをレンタカーして単身引っ越し」というのは、大変なように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、案外、やってみると、楽しいものです。

 

まずは、「いかにして、大量の荷物を、しっかりバンにおさめきれるように、積んでいくか」という、パズルのような楽しみがあります。

 

荷崩れしないように、重たいものは下に置き、徐々に、隙間にはめられるものは隙間にはめながら、効率よく、荷物をいれていきます。

 

すべてがきっちり綺麗におさまったときの快感は、やみつきになってしまうくらいです(笑)。そして、普段、バンを運転しない人であれば、バンを運転する経験は、それ自体も、楽しみになるでしょう。

 

バン独特の、高い運転席の座席位置が、普通の自動車運転とは異なる視座と視界をもたらしてくれます。

 

高速での長距離移動であればあるほど、景色も含め、なかなか得られない移動体験を味わうことができます。

 

バンは、バンならではの、独特な「走行音」がします。そんな「音」も楽しみながら、バンでの単身引っ越しを、楽しんでみてはいかがでしょうか。私は、とても楽しかったです。

旅行の時は気分転換でレンタカーを利用しています

レンタカーで国内旅行をするのは、とても楽しいですよね。

 

私は、自家用車を保有していますが、「わざわざ」旅のために、違う車を借りて、出かけることが多いです。ふたつの楽しみ方があると思います。

 

ひとつは、大型のバンを借りて、大人数で旅行にでかけることです。

 

人数の頭数で割れば交通費が安上がりになる、ということもさることながら、公共交通機関(飛行機、電車)等と比較して、「まわりを気にせず、たくさん会話ができる」という点で、たいへん魅力的な時間を手にすることができます。道中、車の中で語り合ったことは、きっと、旅行の後も、大切な思い出となることでしょう。

 

「車の中」という特別な環境だからこそ、話せる話もあります。普段聞かない音楽を、時には大きめの音量で流しながら、普段話せないような話を、思い切ってしてみてはいかがでしょうか。歌うことだってできますよ(笑)。

 

ふたつめは、オープンツーシーターの車をレンタカーで借りて旅をすることです。これは、旅先で、現地で、借ります。

 

到着後、とても天気が良い日であれば、思い切って、オープンツーシーターの車を借りてしまいます。

 

上を開け放って、気持ちの良い風を浴びながら、見知らぬ土地を、車で走ってみてください。

 

小型のオープンツーシーターは、車高が低い車も多いですし、独特の、低い視座が、走っていて楽しいものです。

 

普通に歩いて移動していたら目に入らないようなものも、発見できるかもしれませんよ。

 

自家用車でオープンツーシーターの車を保有している方は少ないでしょうから、ここぞとばかりに、ぜひ、レンタカーで、特別な経験を楽しんでみてください。

このページの先頭へ戻る